Blog

2012年3月 3日 土曜日

雛祭り(3月3日)

今日は何の日?(3月3日)

雛祭り

雛祭りとは、平安時代の京都の風習だった子供の無病息災を願う上巳の節句(じょうみのせっく)と、ままごとの遊びが江戸時代初期に融合し、女の子のお祭りになったといわれています。
雛祭りという呼び名は、小さな人形で「ままごと遊び」することを「ひいな遊び」と呼んでいたのが語源です。
初めは京都の上流階級の家だけの行事でしたが、次第に民間の行事となり、やがては地方へと広まっていきます。

雛祭りは江戸時代中期にかけて年々盛んになり、人形や雛壇もどんどん派手になっていきました。
当時は等身大の人形を飾った雛壇もあったといいます。
しかし、1721年(享保6)に、贅沢な生活を規制する当時の江戸幕府によって、雛人形の大きさは24cm以下と定められました。

雛祭りのことを別名で「モモの節句」といいますが、当時の旧暦の3月3日は、現在の4月上旬にあたり、ちょうどモモの花も開く頃だったからです。
また江戸時代、雛祭りの日には、銭湯でモモの葉をお風呂に入れた「桃の湯」に入るのが流行していました。
昔話の桃太郎が鬼を退治するように、植物のモモには災いを追い祓う効能があると信じられていたからです。


投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科

カレンダー

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
お問い合わせ