Blog

2015年7月21日 火曜日

ゴルフ 全英オープン

男子ゴルフ米国メジャー第3戦、第144回全英オープン(7月
16日~20日)
スコットランドにあるセントアンドリュースオールドCで開催されました。

ザック・ジョンソン(アメリカ)が通算15アンダーで、2007年の
マスターズに次ぐメジャー2勝目を挙げました。

雨が降る中で行われた最終ラウンドで、トップと3打差の6位タイから
スタートしたジョンソンは12番までに7バーディを奪取。
その後、13番と17番をボギーとしながらも最終18番でバーディ
パットを見事に沈め、6アンダー66をマークして通算15アンダーで
ホールアウトしました。

一方、同じく6位タイスタートのマーク・リーシュマン(オーストラリア)
は5番までに4バーディを奪うと、9番から連続バーディ、12番でも
スコアを伸ばして一時は単独トップに立ちましたが、16番では
ボギーを叩いてしまい、トップタイからスタートしたルイス・ウースト
ハウゼン(南アフリカ)と並び三つ巴のプレーオフに勝負が持ち
越されました。

1番、2番、17番、18番によるストロークプレーで行われたプレー
オフで、リーシュマンが1番で脱落。
18番でウーストハウゼンのパットがカップに嫌われで勝負が決まりました。

日本勢で唯一決勝ラウンドまで残った松山英樹は通算8アンダーで
18位タイでした。




 1位  -15  ザック・ジョンソン(アメリカ)

 2位  -15  ルイス・ウーストハウゼン(南アフリカ)

 2位  -15  マーク・リーシュマン(オーストラリア)

 4位  -14  ジェイソン・デイ(オーストラリア)

 4位  -14  ジョーダン・スピース(オーストラリア)

 6位  -11  ダニー・ウィレット(イングランド)

 6位  -11  ジャスティン・ローズ(イングランド)

 6位  -11  ジョーダン・ニーブルジェ(アメリカ)

 6位  -11  セルヒオ・ガルシア(スペイン)

10位  -10  アダム・スコット(オーストラリア)


投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
お問い合わせ