Blog

2016年1月20日 水曜日

リオ五輪アジア最終予選

リオ五輪アジア最終予選を兼ねたAFC U-23選手権の第3戦が
カタールのスハイム・ビン・ハマド・スタジアムで開催されました。


サウジアラビア     1 - 2    日本

アブドゥラ・マドゥー(後半12分)          大島(前半31分)
                           井手口(後半8分)


自力でのグループリーグ突破が懸かったサウジアラビアは明確な
プランをもって試合に挑みました。
マイボールになった時点で前線にロングボールを放り込み、俊足な
フォワードが抜け出して裏を狙っていました。

対する日本の最終ラインが落ち着いてボールを弾き返し、サイドを
起点に攻撃を組み立てるもなかなか得点のチャンスには繋がり
ません。

前半27分のコーナーキックではディフェンダーの植田がフリーで
ヘディングシュートを放ちましたが、相手のゴールキーパーに阻まれ
てしまいました。

しかし、前半31分、ミッドフィルダーの大島が相手を一人かわして
目の覚めるような鋭いミドルシュートをゴールネットに突き刺しま
した。

後半に入り、立ち上がりから試合が動きました。
右サイドの南野が中央エリアにドリブルを切り込み、相手選手を引き
付けた上でミッドフィルダーの井手口へラストパスを供給して得点を
お膳立てしました。

直後にサウジアラビアにPKを献上してしまい、1点を返されました
が、手倉森監督がフォワードの浅野を投入し、この采配が的中し
ました。

相手の最終ラインで豊富な運動量で駆け回る浅野は、俊足を
活かしてチャンスを作り出しました。

終盤になり足が止まりだしたサウジアラビアはなおもロングボールを
多用してきましたが、集中した日本の守備陣を崩すことはできず
試合が終了しました。

日本はグループリーグ3戦全勝で、決勝に向けて弾みをつけて
挑むことができます。



投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科

カレンダー

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
お問い合わせ