Blog

2016年12月19日 月曜日

クラブワールドカップ2016決勝

サッカーのクラブ世界一を決めるクラブワールドカップ2016の決勝が
横浜国際総合競技場
で開催されました。

開催国代表の鹿島アントラーズはクラブワールドカップ初出場でした
が、初戦のオークランド・シティ(オセアニア代表)を皮切りに
マメロディ・サンダウンズ(アフリカ代表)、アトレティコ・ナシオナル
(南米代表)を次々と撃破、アジア勢初の決勝進出を果たしました。

一方の欧州チャンピオンのレアル・マドリーは名門中の名門かつ
各国の代表が名を連ねる超強豪で、2年ぶり2度目のクラブ
ワールドカップ優勝を目指します。


レアル・マドリー(スペイン)  4  -  2  鹿島アントラーズ(日本)

ベンゼマ(前半9分)                柴崎(後半44分)
ロナウド(後半15分)               柴崎(後半7分)
ロナウド(延長前半8分)
ロナウド(延長前半14分)


開始早々、鹿島が前線の高い位置からプレスをしかけましたが、
テクニックで勝るレアル・マドリーからボールを奪えませんでした。
すると9分、クリアボールを拾ったモドリッチのミドルシュートをゴール
キーパーの曽ヶ端が1度は防ぐもベンゼマに押し込まれてあっさりと
先制されました。

しかし、鹿島は失点後も粘り強い守備でレアル・マドリーの攻撃を
しのぎ続けました。
奪ったボールを即座に前線に送り反撃したい鹿島はいい形を作れず
にいましたが、土居のクロスのこぼれ球から柴崎がゴール右端に
ボレーシュートを決めて、同点でハーフタイムを迎えることができ
ました。

後半に入っても鹿島の果敢なプレスを続け、レアルの選手に自由に
プレーさせません。
7分にセルヒオ・ラモスの中途半端なクリアボールを奪った柴崎が
2選手を振り切り、ゴールを決めて逆転しました。
しかし、15分にペナルティエリアに侵入したバスケスを山本が
倒してしまいPKを取られてしまい、即座に同点に追い付かれて
しまいました。
その後は両チーム共決定機を作り出せず、延長戦に突入しました。

延長戦でも鹿島は互角の戦いを見せましたが、一瞬の隙を突かれ
ベンゼマのスルーパスに抜け出したロナウドに勝ち越しゴールを
決められました。
その後交代で入った鈴木がヘディングシュートでクロスバーを叩く
も、逆に再びロナウドにゴール奪われハットトリックを許してしまい
ました。

もう反撃する力の残っていなかった鹿島は何もできず、そのまま
試合終了となってしまいました。

敗れはしたものの、初出場で準優勝、またアジア勢初の快挙を
成し遂げた鹿島アントラーズにはたくさんの賞賛の声があがって
いました。

今後の日本のサッカーのレベルアップに繋がることを切に願います。


投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科

カレンダー

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
お問い合わせ