Blog

2017年5月23日 火曜日

U-20ワールドカップ グループステージ

5月21日(日)サッカーU-20ワールドカップのグループステージ第
1節が韓国の水原ワールドカップスタジアムで行われました。



U-20南アフリカ   1  -  2   U-20日本


前半 7分 グラント・マージマン         後半 3分 小川
                           後半27分 堂安


10年ぶりのU-20ワールドカップ出場となった日本は、立ち上がり
から何度もディフェンスラインの裏を突かれ、苦しい展開の中で南
アフリカに先制を許してしまいます。
以後は守備を修正して流れを引き戻し、サイドからの攻撃を中心に
反撃を開始。
エースの小川航基選手は幾度も決定機を逃すも、後半の開始早々
に同点弾を決めて試合を振り出しに戻しました。

その後、逆転するために内山篤監督が切ったカードは、日本では
史上最年少でメンバー入りした久保建英選手。
久保選手はスペインの超名門・FCバルセロナの下部組織に所属
していた日本期待の新星です。
ファーストプレーで絶妙なスルーパスを通すなど、高いテクニックで
好機に絡みます。
すると、後半27分には堂安律選手が久保選手とのワンツーから
逆転ゴールを奪取しました。

以後は攻め上がりを控えて守備的な戦いにシフトする日本。
押し込まれる時間が続くも、先制点に関与してしまった冨安健洋
選手が集中したディフェンスを見せ、ゴールキーパーの前で相手の
攻撃を防ぎ切ります。
そのまま2-1で南アフリカを退け、開幕戦で大きな1勝を手にしま
した。

次節はイタリアとハイレベルな初戦を制した、南米王者ウルグアイ
です。
難敵ではありますが、世界を相手にどこまで通用するか果敢に挑戦
して欲しいですね。



投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科

カレンダー

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
お問い合わせ