Blog

2017年5月25日 木曜日

U-20ワールドカップ グループステージ

5月24日(水)サッカーU-20ワールドカップのグループステージ第
2節が韓国の水原ワールドカップスタジアムで行われました。



U-20ウルグアイ    2   -   0    U-20日本

前半38分 
ニコラス・スキアッパカッセ
後半46分 マティアス・オリベラ



1敗以上にダメージの大きい敗戦となってしまいました。
序盤から日本はディフェンダー、ボランチがウルグアイの激しいプレッ
シャーに苦しめられ、縦に速い攻撃を受けて劣勢に立たされます。
そんな中、初戦でゴールを決めた小川航基選手が負傷交代を余儀
なくされ、前半の早い段階でエースを失ってしまいます。
流れに乗れないまま、前半38分にはシンプルなロングボールから
決定力の高さを見せつけられて先制点を許し、ビハインドのまま
試合を折り返します。

迎えた後半は一転し、時間の経過とともに運動量が落ちて集中力を
失った相手に対して幾度も決定機を創出。
しかし、ゴール前でのアイデアや思い切りを欠き、ネットを揺らせない
まま時間だけが過ぎてしまいます。
すると、終了間際に試合を決定づける2点目を奪われてタイムアッ
プ。

要所を締め、精度の高いカウンターを繰り出した南米王者に対して
惜しいシーンを作ったものの、ターゲットマンとして、フィニッシャーと
しての役割が求められていた背番号9を失ってしまった日本は太刀
打ちできなかった。
次節以降の行方も非常に見通しが悪くなってきましたが、選手の
皆さんにはここで団結して欲しいですね。



投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科

カレンダー

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
お問い合わせ