Blog

2012年2月28日 火曜日

織部の日(2月28日)

今日は何の日?(2月28日)

織部の日

岐阜県土岐市が制定。
1599(慶長4)年、千利休亡き後の豊臣秀吉の茶頭・古田織部が、自分が焼いた茶器を用いて茶会を開きました。
この器が後に織部焼と呼ばれるようになりました。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2012年2月27日 月曜日

新撰組の日(2月27日)

今日は何の日?(2月27日)

新撰組の日

1862(文久2)年のこの日、京都で江戸幕府が武芸に優れた浪士をあつめてつくった武力組織、新撰組の前身「壬生(みぶ)組」が結成されました。
初め20人前後だった隊員数は、1965年(慶応元)頃の最盛期には約200人に膨らんでいます。
1864年(元治元)の池田屋事件での活躍が有名で、尊王攘夷派に大きな打撃をあたえました。
ちなみに、隊員の1ヶ月の手当は、局長50両、副長40両、助勤30両、平隊士10両程でした。
当時は1両2分あれば、親子5人が楽に暮らせたといいますから、相当な額です。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2012年2月25日 土曜日

内科の診療時間の変更について

内科の診療時間の変更について

4月より内科の診療時間が変更になります。


 
午前の部   9:00~12:00 ×
午後の部 17:00~19:00 × × × ×

整形外科とリハビリは通常通り診療しております。

よろしくお願いします。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2012年2月25日 土曜日

内科の休診日について

内科の休診日について

3月30日(金)の内科診療は休診とさせていただきます。

整形外科とリハビリは通常通り診療しております。

よろしくお願いします。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2012年2月23日 木曜日

税理士の日(2月23日)

今日は何の日?(2月23日)

税理士の日

日本税理士会連合会が1969(昭和44)年に制定しました。
1942(昭和17)年のこの日に「税理士法」の前身である「税務代理師法」が制定されたことに由来しています。
納税者への申告納税制度の普及・定着を図り、税理士制度の意義をPRすることを目的としています。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2012年2月22日 水曜日

猫の日(2月22月)

今日は何の日?(2月22日)

猫の日

「ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)」という猫の鳴き声の語呂合わせということで、猫の日制定委員会が1987(昭和62)年に制定しました。
この日に決まったのはペットフード工業会が全国の愛猫家から公募した結果です。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2012年2月20日 月曜日

歌舞伎の日(2月20日)

今日は何の日?(2月20日)

歌舞伎の日

1607(慶長12)年のこの日、出雲の阿国が江戸城で将軍徳川家康や諸国の大名の前で初めて歌舞伎踊りを披露しました。
1603(慶長8)年、京都四条河原で出雲の阿国が歌舞伎踊りを始めたのが歌舞伎の発祥とされています。

四条河原では、それ以後女歌舞伎が評判となりました。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2012年2月17日 金曜日

看護師(内科・パート)募集

看護師(内科・パート)を募集しています。

詳細は求人案内のページをご覧ください。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2012年2月14日 火曜日

バレンタインデー(2月14日)

今日は何の日?(2月14日)

バレンタインデー

バレンタインデーは、田園と牧人の神ルペルクス(ファウヌスの別名)をたたえる古代ローマのルペルカリアの祭(2月15日)が起源とされており、この祭りが、兵士の自由結婚禁止政策に反対したバレンタイン司教が、ローマ皇帝の迫害により西暦269年に殉教した日を記念した祭日(2月14日)と結び付けられて出来たものです。
その後、聖バレンティヌスは恋人たちの守護者とされ、この日は恋人達の愛の誓いの日となりました。

日本では1958年頃より流行しはじめ、お菓子メーカーの努力によって、女性から男性にチョコレートを贈るという、日本独自の習慣が定着しました。

最近では、男性から女性にチョコを贈る「逆チョコ・逆バレンタインデー」というのもあるそうです。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2012年2月13日 月曜日

苗字制定記念日

今日は何の日?(2月13日)

苗字制定記念日

1875(明治8)年、明治政府が「平民苗字必称義務令」という太政官布告を出し、すべての国民に姓を名乗ることを義務づけました。
江戸時代、苗字を使っていたのは貴族と武士だけでしたが、1870(明治3)年9月19日に出された「平民苗字許可令」により、平民も苗字を持つことが許されました。
しかし、当時国民は明治新政府を信用しておらず、苗字をつけたらそれだけ税金を課せられるのではないかと警戒し、なかなか苗字を名乗ろうとしませんでした。
そこで明治政府は、1974(明治7)年の佐賀の乱を力で鎮圧するなど強権政府であることを誇示した上で、この年苗字の義務化を断行しました。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
お問い合わせ