Blog

2016年1月31日 日曜日

リオ五輪アジア最終予選

リオ五輪アジア最終予選を兼ねたAFC U-23選手権の決勝が
カタールの
アブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアムで開催
されました。


韓国        2  -  3      日本

クォン・チャンフン(前半20分)            浅野(後半22分)
チン・ソンウ(後半2分)                矢島(後半23分)
                            浅野(後半36分)


前回五輪への切符を勝ち取った日本でしたが、決勝の対戦相手は
宿敵韓国。
14年に行われたアジア大会でのリベンジを果たしたい試合でした。

アジアナンバーワンの座を懸けて両国の意地とプライドがぶつかる
日韓戦ですが、立ち上がりもまさにその通りとなり、球際の激しい
攻防戦が繰り広げられボールが落ち着きませんでした。
日本はサイド攻撃を主体に何度かクロスボールを入れるシーンが
ありましたが、中の選手と呼吸が合わずなかなかシュートを打て
ませんでした。
韓国はフィジカルを活かしたロングボールを駆使し、オフサイドとは
なるもののフィニッシュにまで持ち込んでいました。
そして前半20分、サイド攻撃から相手選手が放ったシュートが
ディフェンダーの奈良選手に当たってコースが変わり、先制点を
決められてしまいました。
勢いに乗った韓国は何度と日本のゴールを攻め立てましたが、
フィニッシュの精度を欠き追加点は奪えませんでした。

後半に入り、フォワードのオナイウに代えてミッドフィルダーの原川を
投入し、フォーメーションも4-4-2から4-3-3へ変更した日本で
したが、いきなり出鼻をくじかれます。
日本の左サイドを完璧に崩され、追加点を挙げられてしまいました。
そこで手倉森監督は守備的ミッドフィルダーの大島に代えて
フォワードの浅野を投入、より攻撃に重心をかけました。
するとこの采配がズバリと的中します。
浅野の豊富な運動量により中盤の球の奪い合いを制するように
なった日本が猛攻を仕掛け1点を返し、1分後にはミッドフィルダーの
矢島がヘディングシュートを決め、立て続けに得点し一気に同点に
追い付きました。
後半ガクンと運動量の減った韓国は精神的にも後手に回り、ロング
ボールで反撃を試みるも日本の守備陣が跳ね返しました。
そして遂には後半36分にカウンターから浅野の2得点目で逆転し、
勝負を決定づけました。

見事な逆転劇でアジアの頂点に立った日本。
若い代表選手達はこの大会を通じて大いに成長ができたこと
でしょう。
リオ五輪本番でも彼らの勇姿が見られると思うと今から楽しみ
ですね。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2016年1月28日 木曜日

リオ五輪アジア最終予選

リオ五輪アジア最終予選を兼ねたAFC U-23選手権の準決勝が
カタールのアブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアムで開催され
ました。


日本     2  -  1    イラク

久保(前半26分)           スアド・ナティク・ナジ(前半43分)
原川(後半48分)


前回の試合で鬼門のベスト8を突破し、五輪出場に王手をかけた
日本でしたが、今回は過去3度も敗北を喫している因縁深い
イラクが対戦相手でした。


序盤は日本がボールを支配しました。
しかし縦へのパスは通るものの、イラク選手の厳しいマークに遭い
チャンスを作れません。
対するイラクも数的優位を作る日本の守備を崩すことはできず、
双方シュートチャンスがありませんでした。
そんな中試合が動いたのは26分、イラクのバックパスをカットした
フォワードの鈴木が左サイドを突破し、同じくフォワードの久保が
スライディングで放ったシュートがゴールネットを揺らしました。
その後も鈴木のスピードを活かした攻撃を仕掛けましたが得点には
繋がらず、逆にイラクにセットプレーから粘り強くゴールに押し込まれ
てしまいました。

後半はイラクがロングボールからの波状攻撃で日本を押し込んで
きましたが、センターバックの植田と奈良が中心となって耐え
ました。
日本は久保を起点にサイド攻撃を試みましたが、ほとんどチャンス
らしいチャンスを作れず時間が過ぎました。
このまま延長戦に突入かと思われた後半アディショナルタイムに
劇的な得点が待っていました。
相手ゴールキーパーの弾いたボールをミッドフィルダーの原川が
ペナルティーエリア外からミドルシュートを突き刺して勝利をたぐり
寄せました。

これにより決勝進出と共に6大会連続の五輪出場を決めることが
できました。
決勝戦は永遠のライバル韓国が対戦相手です、是非優勝して
欲しいですね。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2016年1月23日 土曜日

リオ五輪アジア最終予選

リオ五輪アジア最終予選を兼ねたAFC U-23選手権の準々決勝が
カタールのアブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアムで開催されま
した。


日本        3  -  0       イラン

豊川(延長前半6分)
中島(延長後半4分)
中嶋(延長後半5分)


負ければ即五輪への道が断たれてしまう負けられない試合で、
双方慎重な立ち上がりを見せました。

イランは前線の選手をターゲットにロングボールを蹴り、日本は
細かいパスを繋いで攻め込みましたが、お互い集中した守備を
見せ決定機を作ることはできず前半は終了しました。

後半に入ってペースを掴んだのはイランでした。
後半12分、ボールを奪われたあとのアーリークロスに頭で合わせ
られクロスバー直撃のあわや失点かという場面を皮切りに、セカンド
ボールを拾ってゴールに迫ってきましたがシュート精度が低く失点
までは繋がりませんでした。

90分で決着がつかず、延長戦に入ってからは日本が右サイドの
室屋、左サイドの浅野を起点に攻撃を組み立てました。
するとそのサイド攻撃が実を結び、室屋からのクロスをミッド
フィルダーの豊川が頭で合わせて待望の先制点を奪いました。

この得点に勢いに乗った日本は、10番の中島が左サイドから
ドリブルで鋭く切り込み、見事なミドルシュートを立て続けに2本
決めました。

次の試合に勝利すれば五輪出場が決まりますので、選手の皆さん
にはあとひと踏ん張り奮闘して欲しいですね。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2016年1月20日 水曜日

リオ五輪アジア最終予選

リオ五輪アジア最終予選を兼ねたAFC U-23選手権の第3戦が
カタールのスハイム・ビン・ハマド・スタジアムで開催されました。


サウジアラビア     1 - 2    日本

アブドゥラ・マドゥー(後半12分)          大島(前半31分)
                           井手口(後半8分)


自力でのグループリーグ突破が懸かったサウジアラビアは明確な
プランをもって試合に挑みました。
マイボールになった時点で前線にロングボールを放り込み、俊足な
フォワードが抜け出して裏を狙っていました。

対する日本の最終ラインが落ち着いてボールを弾き返し、サイドを
起点に攻撃を組み立てるもなかなか得点のチャンスには繋がり
ません。

前半27分のコーナーキックではディフェンダーの植田がフリーで
ヘディングシュートを放ちましたが、相手のゴールキーパーに阻まれ
てしまいました。

しかし、前半31分、ミッドフィルダーの大島が相手を一人かわして
目の覚めるような鋭いミドルシュートをゴールネットに突き刺しま
した。

後半に入り、立ち上がりから試合が動きました。
右サイドの南野が中央エリアにドリブルを切り込み、相手選手を引き
付けた上でミッドフィルダーの井手口へラストパスを供給して得点を
お膳立てしました。

直後にサウジアラビアにPKを献上してしまい、1点を返されました
が、手倉森監督がフォワードの浅野を投入し、この采配が的中し
ました。

相手の最終ラインで豊富な運動量で駆け回る浅野は、俊足を
活かしてチャンスを作り出しました。

終盤になり足が止まりだしたサウジアラビアはなおもロングボールを
多用してきましたが、集中した日本の守備陣を崩すことはできず
試合が終了しました。

日本はグループリーグ3戦全勝で、決勝に向けて弾みをつけて
挑むことができます。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2016年1月19日 火曜日

リオ五輪アジア最終予選

リオ五輪アジア最終予選を兼ねたAFC U-23選手権の第2戦が
カタールのグランド・ハマド・スタジアムで開催されました。


タイ     0 - 4    日本

                   鈴木(前半27分)
                   矢島(後半4分)
                   久保(後半30分)
                   久保(後半39分)


立ち上がりからタイが積極的に前線からプレスをかけてきたことも
あり、少し日本が慌てました。

しかし日本もすぐにフォワードの浅野やミッドフィルダーの豊川が
惜しいシュートを放つなど、攻勢を仕掛け徐々にペースを掴み
ました。
先制点は前半27分、ミッドフィルダーの遠藤のパスに抜け出した
フォワードの鈴木がボレーシュートを決めました。

後半にもすぐ追加点を挙げリードを2点差に広げました。

その後タイにPKを献上してしまいましたが、タイのキッカーが足を
滑らせて幸運にも失点を免れました。
PKの後もタイが猛攻を仕掛けてきましたが、ゴールキーパーの
櫛引が体を張って守り切りました。

タイの攻撃をしのいだ日本は、途中出場のフォワード久保が2点を
取る活躍をみせて、最終的に4点もの大差をつけて勝利することが
でき、残り1戦を残しBグループ首位通過を決めることができました。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2016年1月19日 火曜日

医療事務(正社員)の募集を締め切りました。

医療事務(正社員)の募集を締め切りました。
多数のご応募、ありがとうございました。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2016年1月14日 木曜日

リオ五輪アジア最終予選

リオ五輪アジア最終予選を兼ねたAFC U-23選手権がカタールで
開催されました。


日本     1 - 0    北朝鮮

植田(前半5分)


初戦は、前回雪辱を味わった北朝鮮でした。

前半5分、最初に獲得したコーナーキックでファーサイドにいた
ディフェンダーの植田がダイレクトで合わせて幸先よく先制する
ことができました。

その後、右サイドバックの室屋が積極的に攻撃に参加しました
が、ゴール前を固めた北朝鮮に対してフォワードの2人が仕事を
させてもらえません。
対する北朝鮮も日本の攻撃の隙を突いてロングボールからの
カウンターを狙っており、拮抗した展開が続きました。

後半に入り、ロングボールを更に多用してくる北朝鮮に対し、
後手に回る場面が何度かありましたが、守備陣が最後まで粘り
強く守りきり勝利することができました。

次節はタイと対戦です。
中2日の強行日程ですが、勝利を収めて欲しいですね。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
お問い合わせ