Blog

2017年5月30日 火曜日

医療事務(パート)の募集を締め切りました。

医療事務職員(パート)の募集を締め切りました。
多数のご応募、ありがとうございました。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2017年5月30日 火曜日

U-20ワールドカップ ノックアウトステージ

5月30日(火)サッカーU-20ワールドカップのノックアウトステージ
1回戦が韓国の大田ワールドカップスタジアムで行われました。



U-20ベネズエラ     2  -  2     U-20日本


延長後半3分 ヤンヘル・エレーラ


グループステージでは試合の入り方に難があった日本だが、この日
は集中した守備を披露。
空中戦の強さを見せるセルヒオ・コルドバ選手や、鋭いドリブルを
見せるアダルベルト・ペニャランダ選手などの対応に手を焼くも、
カバーリングを徹底することで数的優位の状況を保って決定機を作ら
せません。
すると、流れは日本へと傾きます。
堂安律選手のクロスバー直撃のフリーキックや、高木彰人選手の
シュートなどで惜しいシーンを作り、前半を終えます。

しかし、迎えた後半は時間の経過とともに攻撃の迫力が低下。
藤谷壮選手が守備面で抜群の対応を見せたことや、ベネズエラの
ゴール前での精度の低さに助けられ、多くの時間で押し込まれなが
らもスコアレスのまま延長戦に突入します。

均衡が破られたのは延長後半3分。
ヤンヘル・エレーラ選手のマークがわずかに緩くなった隙を突かれ、
コーナーキックから決勝点を奪われてしまいます。
1対1の対応やプレスバックなど、守備面では大きな綻びを見せな
かった日本。
だが、前線での収まりの悪さや、決定力を欠いたことが響き、最後
まで得点を奪えませんでした。
前回の試合から中2日で4試合目というハードスケジュールで疲労
の蓄積があったのも要因です。
しかし決して勝てない試合ではなく、日本にも勝機はありました。
今回は無念の敗退となりましたが、選手の皆さんはまだ若いので
これからの成長に期待したいですね。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2017年5月28日 日曜日

U-20ワールドカップ グループステージ

5月27日(土)サッカーU-20ワールドカップのグループステージ第
3節が韓国の天安総合運動場で行われました。



U-20日本   2  -  2   U-20イタリア


前半22分 堂安           前半 3分 リッカルド・オルソリーニ
後半 5分 堂安           前半 7分 ジュゼッペ・パニコ



日本は負傷によって戦線離脱した小川航基選手に代わり、田川
亨介選手を先発で起用。
両サイドバックはウルグアイ戦から変更して臨みました。

試合開始早々、ディフェンスラインの統率がおろそかになって背後を
取られてしまった日本は、立て続けに2失点を喫します。
しかし、徐々に落ち着きを取り戻すと、中盤でボールを支配。
市丸瑞希選手と原輝綺選手から正確なパスが前線に供給され、
得点の気配が漂い始めます。
すると、左サイドの遠藤渓太選手のクロスから堂安律選手が合わ
せ、前半のうちに1点を返すことに成功。

後半に入っても、主導権を握った日本は後半5分に堂安選手の個人
技を生かしたドリブルでイタリア守備陣を突破、ネットを揺らし同点に
追い付きます。
その後は守備一辺倒の相手から追加点を奪うことはできませんで
したが、2得点以上の引き分けというノックアウトステージ進出の
条件は最低限クリアすることができました。


投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2017年5月25日 木曜日

U-20ワールドカップ グループステージ

5月24日(水)サッカーU-20ワールドカップのグループステージ第
2節が韓国の水原ワールドカップスタジアムで行われました。



U-20ウルグアイ    2   -   0    U-20日本

前半38分 
ニコラス・スキアッパカッセ
後半46分 マティアス・オリベラ



1敗以上にダメージの大きい敗戦となってしまいました。
序盤から日本はディフェンダー、ボランチがウルグアイの激しいプレッ
シャーに苦しめられ、縦に速い攻撃を受けて劣勢に立たされます。
そんな中、初戦でゴールを決めた小川航基選手が負傷交代を余儀
なくされ、前半の早い段階でエースを失ってしまいます。
流れに乗れないまま、前半38分にはシンプルなロングボールから
決定力の高さを見せつけられて先制点を許し、ビハインドのまま
試合を折り返します。

迎えた後半は一転し、時間の経過とともに運動量が落ちて集中力を
失った相手に対して幾度も決定機を創出。
しかし、ゴール前でのアイデアや思い切りを欠き、ネットを揺らせない
まま時間だけが過ぎてしまいます。
すると、終了間際に試合を決定づける2点目を奪われてタイムアッ
プ。

要所を締め、精度の高いカウンターを繰り出した南米王者に対して
惜しいシーンを作ったものの、ターゲットマンとして、フィニッシャーと
しての役割が求められていた背番号9を失ってしまった日本は太刀
打ちできなかった。
次節以降の行方も非常に見通しが悪くなってきましたが、選手の
皆さんにはここで団結して欲しいですね。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2017年5月23日 火曜日

U-20ワールドカップ グループステージ

5月21日(日)サッカーU-20ワールドカップのグループステージ第
1節が韓国の水原ワールドカップスタジアムで行われました。



U-20南アフリカ   1  -  2   U-20日本


前半 7分 グラント・マージマン         後半 3分 小川
                           後半27分 堂安


10年ぶりのU-20ワールドカップ出場となった日本は、立ち上がり
から何度もディフェンスラインの裏を突かれ、苦しい展開の中で南
アフリカに先制を許してしまいます。
以後は守備を修正して流れを引き戻し、サイドからの攻撃を中心に
反撃を開始。
エースの小川航基選手は幾度も決定機を逃すも、後半の開始早々
に同点弾を決めて試合を振り出しに戻しました。

その後、逆転するために内山篤監督が切ったカードは、日本では
史上最年少でメンバー入りした久保建英選手。
久保選手はスペインの超名門・FCバルセロナの下部組織に所属
していた日本期待の新星です。
ファーストプレーで絶妙なスルーパスを通すなど、高いテクニックで
好機に絡みます。
すると、後半27分には堂安律選手が久保選手とのワンツーから
逆転ゴールを奪取しました。

以後は攻め上がりを控えて守備的な戦いにシフトする日本。
押し込まれる時間が続くも、先制点に関与してしまった冨安健洋
選手が集中したディフェンスを見せ、ゴールキーパーの前で相手の
攻撃を防ぎ切ります。
そのまま2-1で南アフリカを退け、開幕戦で大きな1勝を手にしま
した。

次節はイタリアとハイレベルな初戦を制した、南米王者ウルグアイ
です。
難敵ではありますが、世界を相手にどこまで通用するか果敢に挑戦
して欲しいですね。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2017年5月22日 月曜日

中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン最終日

5月21日(日)我らが地元・豊田の中京ゴルフクラブ石野コースで
中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン最終日が行われました。

8バーディ・1ボギーでトータル16アンダーとした上田桃子選手が
逆転で今季初勝利を飾りました。

悪夢を払拭する歓喜の優勝でした。
彼女の地元・熊本で行われたKKT杯バンテリンレディスでは自滅で
勝利を逃し涙に暮れた上田選手でしたが、奇跡の連続で2014年
11月以来のツアー通算12勝目を飾りました。

2位スタートの上田選手はは序盤から飛ばしました。
1番から3番まで連続バーディ。
前日まで苦しんだ距離のバーディパットを沈め続けました。
「1番から3番まで2メートルのバーディパットで、この距離を試されて
いる。」と、1ピン以内の距離をことごとくねじ込み、一気に首位に
立ちました。

その後はチャンスを決めきれない状況もありましたが、10番でチップ
インバーディ。
11番、12番でも短いバーディチャンスを外しましたが、「勝負は15
番以降」だと終盤戦に警戒を強めていました。
ところがその15番でボギー。
雲行きがあやしくなったように見えましたが、ここから上田選手の
奇跡が始まります。

16番のティショットは大きく左に曲がるも、岩に当たりフェアウェイに
戻りました。
ここをバーディとすると、17番では大ピンチ。
「フェアウェイから少し軽めに打とうと思った。」セカンドショットが、
右のラフに外れ、運悪く木の根っこが混じる最悪のライに入ります。
ここからのアプローチを大きくオーバーさせましたが、執念のパー
セーブ。
1打差の単独首位のまま18番に入りました。

グリーンの左には池が待ち構え、少しでも曲げると転がり落ちる
場面でこれまたフェアウェイから放ったセカンドショットはピンの左奥
に着弾。
勢いのまま池に入ってもおかしくない状況で、「熊本にいるかのよう
に応援してくださって、皆さんの気持ちで止まりました。」と、カラーに
留まりました。
するとこれをど真ん中から沈めて大きくガッツポーズ、勝利を手にし
ました。

笑顔で始まった優勝会見では、3年間勝利から遠ざかった苦しい
胸中を明かしました。
「人一倍優勝が欲しいと思うタイプなんですが、ここまで色々して
勝てないと思うと、今年勝てなかったら辞めようと思っていました。」
と、引退覚悟のシーズンだったと吐露。
「でもチームの支えがあって勝てました。感謝していますし、まだ
頑張れってことですね。」と、最後は笑顔で締めくくっていました。

2位にはトータル14アンダーでテレサ・ルー選手(台湾)が、3位に
はトータル13アンダーで川岸史果選手が入っています。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2017年5月21日 日曜日

男子体操 NHK杯最終日

5月21日(日)東京体育館で男子体操のNHK杯兼世界選手権
代表選考会が行われました。

絶対王者の内村航平選手が(リンガーハット)が4月の全日本の
持ち点と合わせて合計172・900点とし、9連覇を達成。
個人総合の連勝を40に伸ばし、7連覇が懸かる世界選手権(10月
開催、カナダ・モントリオール)の代表に決まりました。

持ち点1位で臨みましだが、1種目目の床運動で白井健三選手
(20)にリードを許し、その後は追う展開。
つり輪で1度は首位に立ちましたがその後抜き返され、5種目目の
平行棒を終えてトップの白井選手と0・5点差の2位で鉄棒を迎え
ました。
得点は14・450点差でしたが、最終演技者として登場し離れ業を
次々に成功。
14.800点をマークし、リオ五輪・4月の世界選手権と同様に最終
種目で鮮やかに逆転しました。

172・550で2位の白井選手も世界選手権の代表に決定。
白井選手の成長ぶりに内村選手も満足そうな様子を見せていま
した。
2人は本番で個人総合への出場が決定的です。
男子代表は最大6人。
残りは全日本種目別選手権(6月24、25日開催・高崎アリーナ)の
結果などを踏まえ、9月上旬に選出される予定です。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2017年5月15日 月曜日

日本プロ選手権日清カップヌードル杯最終日

5月14日(日)沖縄のかねひで喜瀬カントリークラブで男子プロ
ゴルフツアーメジャー第1戦日本プロ選手権日清カップヌードル杯
最終日が行われました。

沖縄出身の宮里優作選手が、地元開催の国内メジャー戦で自身
2度目の2試合連続優勝を成し遂げました。
悪天候の影響があり、日没終了となった第3日の残りホールを早朝
に消化。
通算6アンダーの2位で出ると、8バーディー、2ボギーの66で
回り、通算12アンダー276でツアー通算5勝目、自身初の年2勝を
挙げました。
一家で最初にゴルフを始めた母・豊子さんにとって最高の母の日の
プレゼントになりました。
これで宮里3兄妹全員が地元開催のツアーで優勝を飾ったことに
なります。

20センチの優勝パーパットを決めた宮里優作選手は、大勢の地元
ギャラリーから指笛で祝福されました。
18番のグリーン上で沖縄の血が騒ぎましたと、伝統の踊り
「カチャーシー」を披露し、応援してくれたファンに感謝の気持ちを
表現しました。
妻子と住む名古屋開催の中日クラウンズに続き、故郷の沖縄開催と
なった国内メジャーも制覇。
ツアー通算5勝目は、格別な歓喜が胸にこみ上げました。

まさにバーディーラッシュでした。
足踏みする首位の谷口選手を横目に、4番のバーディーで通算8
アンダーとして単独首位に立ち、6番で2打目を70センチにつけて
3連続バーディーを奪うと独走状態。
プロゴルファーの兄・聖志選手、妹・藍選手をはじめ、父・優さん、
母・豊子さんとゴルフ一家のメンバー全員が見守る中、圧倒的な
強さを見せつけました。

そして最終日は母の日。
豊子さんが23歳の時にゴルフを始め、優さんに教えたことを契機に
宮里一家のゴルフ物語が始まりました。
宮里優作選手は「母がゴルフをやっていなかったら、宮里家で
ゴルフはなかった。母にいいところを見せられてよかった」と照れ
笑い。
豊子さんも「この上ない喜び」と最高のプレゼントに感激してい
ました。

前夜には一家で食事し、良い雰囲気を演出してもらったそうです。
スタート前に優さんから「静かに勝ちにいくぞ」と激励も受けました。
04年に聖志選手、藍選手が沖縄開催の日本ツアーを制覇。
13年後、一家に支えられて最後に3兄妹の地元Vを達成しました。
前回の2試合連続優勝は13年日本シリーズJT杯、14年開幕戦の
東建ホームメイト杯だったため、年2勝は初。
賞金ランクも5700万円超えで首位に浮上、日本ツアーを牽引する
存在感が漂ってきました。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2017年5月 1日 月曜日

中日クラウンズ最終日

4月30日(日)名古屋ゴルフ倶楽部和合コースで国内男子ツアーの
中日クラウンズ最終日が行われました。

難コース・和合を制したのはトータル13アンダーまで伸ばした宮里
優作選手。
1年5カ月ぶりとなるツアー4勝目を劇的に飾りました。

宮里選手より先に谷口徹選手、藤本佳則選手がトータル12アン
ダーでトップタイでフィニッシュして迎えた18番パー4。
外せば3人によるプレーオフという状況でした。
多くのギャラリーが見守る中、宮里選手が放った6メートルのバー
ディパットは、カップを一周。
一瞬ヒヤッとさせましたが、そのままカップに収まり混戦に蹴りを
つけました。

選手会長の重責も担っており「背中にいっぱい、いろんなものが乗っ
ていて、重たくて息苦しかった。その息苦しさが取れました。
昨年1年間は苦労して、勝てない時期が続いた。下の子(4歳の
長男)に、優勝を見せてあげていなかったから。
それに、嫁さんのお父さんが昨年10月に亡くなった。僕の応援団
だった人。これで義理の父にいい報告ができます。」とインタビュー
に答えていました。

亡き義父にささげる優勝でもありました。

なお、2位は谷口選手、藤本選手。
トータル11アンダーの4位に片岡大育選手が入っています。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
お問い合わせ