Blog

2017年6月20日 火曜日

松山英樹選手 世界ランキング2位へ

6月18日(日)男子ゴルフの全米オープン最終日がウィスコンシン州
のエリンヒルズGCで行われました。

松山英樹選手(LEXUS)が世界の頂にまた1歩近づきました。
悪条件が揃い周りの選手がスコアを落としていく中、8バーディー、
2ボギーの66で回り、通算12アンダーの276でホールアウト。
後続で通算16アンダーまで伸ばしたブルックス・ケプカ選手(アメリ
カ)には及びませんでしたが、80年大会の青木功さんに並ぶ
メジャー日本勢最高となる2位に入りました。
世界ランクも自身の持つ日本勢史上最高を更新する2位へ浮上。
怪物の勢いは、とどまるところを知りません。

65を出した2日目に続く今大会2度目のラウンドベスト。
「ここまで上位に来られて少なからずチャンスは増えてきている。
メジャーで2日間、すごくいいプレーができたことは満足してます。
あと2日間の良くない日をもう少しいいスコアで回れるようにしたら、
チャンスが増えるかなと思います」と課題も挙げながら手応えをにじ
ませていました。

6打差を追い、1番のバーディーから猛チャージが始まりました。
4番はグリーンの外から12メートルをパターで流し込み、5番は第2
打をピン奥50センチにピタリ。
後半も勢いは止まらず、ボギー直後の16番は3メートルのパットを
沈め、控えめながらもガッツポーズ。
18番も完璧なアプローチからバーディーでフィニッシュしました。

世界ランク2位まで躍進した松山だが、その座にあぐらをかくことは
ありません。
色々な人にアドバイスを求め、時には他選手のコーチや自分よりラン
キングの低い選手にも教えを請います。
特定のコーチを付けずに戦い、技術探求の貪欲さは人一倍。
その分、試行錯誤に費やす時間は膨れ上がります。

また今年2月に首を、直近のメモリアル・トーナメントでは左肘を痛め
万全で戦えない試合が増えました。
全米オープン開催の前週、拠点のフロリダは雨続きで屋外で満足な
練習はできませんでしたが、飯田光輝トレーナーは「神様が休めと
言ってくれていたのかもしれません」と振り返ります。
コンディション面の不安は少なくなかったそうです。

メジャーでも世界ランクでも、上のイスはあと1つ。
松山の悲願であるメジャー制覇は、もう目の前にあります。
7月の全英オープンで実現されることを願います。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2017年6月14日 水曜日

ワールドカップ最終予選

6月13日(火)サッカーワールドカップ最終予選第8節がイランの
テヘランで行われました。


イラク    1  -  1    日本


後半27分 カミル          前半8分 大迫


両チームともにケガ人が続出する激しい消耗戦となりました。
開始早々にセットプレーから大迫勇也選手のヘディングシュートで
先制点を奪った日本。
スタミナの配分を考えてか、前線から積極的にボールを追うのでは
なく、少し引いた位置でイラクを待ち構える戦い方を選択します。
しかし、ボールの奪いどころが定まらず、サイドからのクロスに苦しめ
られ、次第にワンタッチのパス回しにも後手に回る展開のまま試合
を折り返します。

後半は縦に鋭い攻撃を仕掛けられ何度か決定機を迎えましたが、
後半の半ばからは自陣にくぎ付けにされます。
そんな中、ディフェンダーの吉田麻也選手とゴールキーパーの川島
永嗣選手が連係ミスを起こして痛恨の同点弾を決められてしまい
ます。
以後は酒井宏樹選手がケガで交代するなど、選手たちは満身創痍
の状態で2点目を奪いに行くための力を注げず、1-1で終了となり
ました。

失点シーンを考えれば悔やまれる結果でしたが、勝点1を獲得して
予選突破に王手を掛けた日本。
ピッチコンディションの悪さや酷暑に苦しめられた環境下で最低限の
結果を得ることができました。
しかし次節以降はオーストラリアとサウジアラビアとの上位対決が
控えており、依然として予断を許さない状況が続きます。
次節のオーストラリア戦はホームになりますので、勝利して日本の
サポーターの目の前でワールドカップの出場を決めて欲しいですね。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2017年6月 8日 木曜日

キリンチャレンジカップ2017

6月7日(水)サッカーキリンチャレンジカップ2017が東京の味の素
スタジアムで行われました。



日本     2   -   2    シリア


後半14分 今野              後半3分 マルドキアン


シリアとの親善試合およびロシアW杯アジア最終予選のイラク代表
戦に向けて発表された日本代表メンバーには、加藤恒平選手など
新戦力も招集されたが、シリア戦では多くがベンチスタートとなりま
した。
また、長友佑都選手や香川真司選手が先発出場した一方で本田
圭佑選手や岡崎慎司選手はベンチスタートとなっています。

試合開始して前半8分、後方からのロングボールを前線で大迫勇也
選手が胸トラップで落とし、そのボールを拾った原口元気選手が
シュートを放ちました。
しかし、シュートはゴールキーパーのイブラヒム・アルマ選手にキャッ
チされました。
前半10分には左肩を痛めた香川選手がベンチに下がり倉田秋選手
が途中出場を果たしました。

その後はお互いにチャンスを作り、前半40分にも原口選手が相手を
交わしてシュートを放ちましたが惜しくもゴール上に外れます。
拮抗した状態が続きましたが、試合が動いたのは後半3分。
シリアのマルデク・マルドキアン選手が放ったシュートはゴールキー
パーの川島永嗣選手が弾くも、そのコーナーキックから再びマルドキ
アン選手にヘディングシュートを許し先制点を決められてしまい
ます。

後半8分には山口蛍選手に代わり、20歳の井手口陽介選手が
途中出場を果たして代表デビュー。
すると後半14分、左サイドから突破した長友選手がゴール前に向け
てクロスを送ると、負傷から復帰したばかりの今野泰幸選手が合わ
せて同点ゴールを決めました。
後半途中から出場した本田圭佑選手や乾貴士選手などが攻撃に
アクセントをつけ、徐々に日本のリズムとなります。

その後もテクニックのある乾選手が随所でチャンスを作り出しました
が、逆転ゴールとはならず。
結局、日本はシリアと1-1の引き分けで終わっています。

なお、負傷により途中交代を余儀なくされた香川選手は左肩関節
前方脱臼と診断され、日本代表からの離脱が発表されました。
これにより、13日に行われるW杯最終予選のイラク戦には香川選手
抜きで挑まねばなりません。
他にも怪我でコンディションが優れない選手もいるようですが、イラク
に勝利すればW杯への出場がかなり濃厚になるため選手の皆さん
には踏ん張って欲しいですね。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2017年6月 5日 月曜日

2017世界卓球選手権

卓球の世界選手権が5月29日(月)から6月5日(月)までドイツの
デュッセルドルフで行われました。

躍進を演じた日本は4種目で計5個のメダル獲得しました。
4種目、計5個以上のメダル獲得は、ともに1975年カルカッタ大会
(4種目、計6個)以来42年振りの快挙。
歴史的な旋風を巻き起こした大会となりました。

「何十年振り」の進出、メダル獲得。
今大会、何度も聞かれたフレーズです。
それが、卓球ニッポンの躍進を物語っています。

火付け役となったのは、混合ダブルスでした。
吉村真晴選手(名古屋ダイハツ)、石川佳純選手(全農)が4強進出
し、第1号となるメダルを確定。
さらに勢い止まらず、決勝も勝ち、48年振りの金メダルをもたらしま
した。
吉村・石川組は前回大会も銀に輝いており、同一ペアで2大会連続
メダルを獲得したのは52年振りです。

これに続いたのが、男子ダブルス。
大島祐哉選手(木下グループ)、森薗政崇選手(明大)は48年振り
の銀メダル。
丹羽孝希選手(スヴェンソン)、吉村真晴選手(名古屋ダイハツ)組も
銅メダルを獲得しました。

女子も躍進を見せました。
女子シングルスで平野美宇選手(エリートアカデミー)が48年振りの
銅メダルを獲得。
女子ダブルスでは伊藤美誠選手(スターツSC)、早田ひな選手(希
望が丘高)組が16年振りの銅メダル。
16歳での表彰台は同種目、大会史上最年少でした。

今大会は半世紀前後に及ぶ歴史的な記録が目白押しです。
2020年の東京五輪ではメダル獲得の期待が高まってきました。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

2017年6月 4日 日曜日

欧州チャンピオンズリーグ決勝

6月3日(土)サッカー欧州チャンピオンズリーグの決勝がウェールズのカーディフで行われました。


ユヴェントス(イタリア)  2  -  2  レアル・マドリード(スペイン)


前半27分 マンジュキッチ           前半20分 ロナウド
                          後半16分 カゼミーロ
                          後半19分 ロナウド
                          後半45分 アセンシオ



レアル・マドリードがユヴェントスを4―1で下して2連覇、史上最多を
更新する12度目の優勝を飾りました。
欧州チャンピオンズリーグに名称が変更された1992~93年シー
ズン以降、連覇は史上初。

史上最多12度目の欧州制覇をねらうスペイン王者と、21年ぶりの
戴冠を目指すイタリア王者によるファイナル。
試合は前半20分、ロナウド選手がカルバハル選手とのパス交換
からワンチャンスをモノにして、レアル・マドリードが先制します。
対するユヴェントスも7分後、ペナルティエリア内で浮き球を受けた
マンジュキッチ選手が胸トラップのコントロールから華麗なバイシクル
シュート決めて、試合を振り出しに戻しました。

それでもレアル・マドリードは後半にペースを掴み、後半16分にカゼ
ミーロ選手のミドルシュートで勝ち越し。
さらにその3分後にはモドリッチ選手のアシストから、ロナウド選手が
キャリア通算600点目となるゴールを決めてリードを広げます。

2点を追う展開となったユヴェントスは、後半39分に途中出場のクア
ドラード選手が2度目の警告で退場となり万事休す。
するとレアル・マドリードは後半45分、マルセロ選手の突破から、
途中出場のアセンシオ選手がダメ押しゴールを奪いました。

この結果、レアル・マドリードは今季のリーガ・エスパニョーラと合わ
せて2冠を達成。
ロナウド選手は今季のチャンピオンズリーグでの得点数を12に伸ば
し、5シーズン連続の得点王に輝きました。
また、3度のチャンピオンズリーグ決勝で得点を奪った初の選手と
なり、今回の大会MVPにも選出されました。

レアル・マドリードは欧州代表として、12月にアラブ首長国連邦
(UAE)で開催されるクラブワールドカップに出場します。
我がJリーグのチームもアジアチャンピオンズリーグを勝ち抜き、
前回大会の鹿島アントラーズのように、世界王者とわたり合って欲し
いですね。

投稿者 豊田市の小早川整形外科・内科 | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
お問い合わせ