HOME > 外来の方へ > 首や腰の痛みでお悩みの方

首や腰の痛みでお悩みの方

ヘルニア

私たちの背骨は、24個の骨(椎体)が積み木のように重なっており、椎体と椎体の間にはクッションの役目を果たす椎間板があります。
椎間板ヘルニアは、この椎間板組織が外に脱け出し、背骨に沿って走っている神経を圧迫して、腰や下肢などに痛みを引き起こす状態をいいます。
もともと年を取ると椎間板の変形が次第に進行していきますが、スポーツなどにより、力が極端に加わったり、身体をねじったりした結果、椎間板ヘルニアが発生する場合もあります。

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニア

治療法
①薬物療法:外用薬(湿布薬や軟膏)、内服薬(消炎鎮痛薬)、注射(神経ブロックなど)
②理学療法:運動器療法、温熱療法、低周波療法、頚椎牽引、装具療法
③(それでも治らない場合)手術

頚椎椎間板ヘルニアの治療方

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

治療法
①薬物療法:外用薬(湿布薬や軟膏)、内服薬(消炎鎮痛薬)、注射(神経ブロックなど)
②理学療法:運動器療法、温熱療法、低周波療法、骨盤牽引、装具療法
③(それでも治らない場合)手術


腰椎椎間板ヘルニアの治療法


腰部脊柱管狭窄症

この病気では長い距離を続けて歩くことができません。
もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間欠跛行(かんけつはこう)です。
腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはあまり症状は出ませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、太腿や膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。
しかし、少し前かがみになったり、腰かけるとしびれや痛みは軽減されます。
進行すると下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出が悪くなったり、逆に尿が漏れることもあります。

症状

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症の病態

治療法
①薬物療法:外用薬(湿布薬や軟膏)、内服薬(消炎鎮痛薬)、注射(神経ブロックなど)
②理学療法:運動器療法、温熱療法、低周波療法、骨盤牽引、装具療法
③(それでも治らない場合)手術

腰部脊柱管狭窄症の治療法

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは加齢とともに骨の量が減り、質も劣化して、骨の強度が低下して骨折を起こしやすくなった状態です。
骨粗鬆症になっても痛みはないのが普通です。
しかし、ちょっとしたはずみで背骨が骨折したり(圧迫骨折)、転んだ時に手首、太腿の付け根などの骨折が生じやすくなります。
骨折すると、その部位が痛くなり動けなくなります。
背骨がひとつ、またひとつとつぶれていくと、背中が丸くなったり、腰が曲がったりして歩きづらくなってきます。


骨粗鬆症について

変形性脊椎症

骨粗鬆症や骨の老化が進行するにつれ、脊椎が曲がって変形していきます。
神経組織が集まった脊柱管が狭くなって圧迫し、下肢に痛みやしびれを発生することがあります。

病態

変形性脊椎症について


治療法
①薬物療法:外用薬(湿布薬や軟膏)、内服薬(消炎鎮痛薬)、注射(カルシウムなど)
②理学療法:運動器療法、温熱療法、低周波療法、骨盤牽引、装具療法
③(それでも治らない場合)手術
お問い合わせ