関節の痛みでお悩みの方(予備)

主な傷病名と治療法

関節の病気
関節は、骨と骨のつなぎ目にあたる部分です。人の体にはいくつもの関節があり、これらの関節を動かすことで、歩く、しゃがむ、物をつかむなど、人間が生活する上で必要な動作が可能になります。

関節の中でも股関節と膝関節は、体重を支えながら動くという人間の基本的な動作に、重要な役割を果たしています。
関節を動かすためには、その周辺にある筋肉を使いますが、関節に問題が生じて痛みが出たり関節の動きが悪くなったりすると、関節を動かさないでいることが多くなります。すると、その関節の周辺の筋力が低下してしまい、さらに関節が動きにくくなる、という悪循環を生んでしまいます。
患者さんによって多少違いはありますが、一般的に人工関節置換術の適応となるのは、次のような変形性膝関節症および変形性股関節症の患者さんです。

・初期:立ち上がり、歩きはじめに関節が痛む。(休めば痛みが取れる)
・中期:歩くと関節が痛み、正座、階段の昇降が困難。(動作が不自由)
・末期:変形が目立ち、脚がピンと伸びず、歩行も困難。(日常生活が不自由)


変形性膝関節症

原因は関節軟骨の老化、外傷、肥満、素因(遺伝子)などが考えられます。
加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、使い過ぎによってすり減り、関節が変形します。



変形性膝関節症の病態

 

変形性股関節症

高齢者に多く、人口の高齢化によって年々増加傾向にあります。

・一次変形性股関節症:原因不明で、関節軟骨がすり減り、骨が変形します。

・二次変形性股関節症:生まれつきの股関節の脱臼(先天性股関節脱臼)や股関節の発育が悪いこと
(臼蓋形成不全)などが原因で発症するものです。

日本では二次変形性股関節症の割合がとても高く、特に女性に多いのが特徴です。

病態
変形性股関節症


治療法
①薬物療法:外用薬(湿布薬や軟膏)、内服薬(消炎鎮痛薬)、注射(ヒアルロン酸など)
②理学療法:運動器療法、温熱療法、低周波療法、装具療法
③(それでも治らない場合)手術

関節の手術について

人工関節置換術
関節のいたんでいる部分を取りのぞき、人工の関節に置きかえる手術です。関節の痛みの原因となるものをすべて取り除くので、他の治療法と比べると痛みを取る効果が大きいのが特徴です。
現在使用されている人工関節の耐久性は、患者さんの状態にもよりますが約15~20年といわれています。長い人生の中では、再度手術をして人工関節を入れかえる必要が出てきます。そのため、これまでは60歳以上の比較的高齢の方に対しておこなう手術とされてきました。
しかし、最近では50歳代でも、より快適な生活を送るための一手段として人工関節を選ばれる方もいます。
いずれにしても、最終的に治療法を決めるのは患者さん自身です。人工関節の手術は、交通事故などの緊急の場合をのぞいては、手術の時期を選ぶことができます。時間をかけて家族や医師とよく相談して決めると良いでしょう。
人工関節置換術には主に次のような効果があります。

・痛みを取り除くこと。(または大きくやわらぐこと。)
・変性や痛みのために制限されていた関節の動きを取り戻すこと。
・他の関節への負担を軽くすること。(痛みのある関節をかばうことで、他の関節にも影響を及ぼすことがあります。)
・活動範囲が広がることで、下肢の筋力がついてくること。


以上より日常生活の動作が改善されます。

人工関節とは

人工関節は、特殊合金やセラミック、プラスチックから作られています。体内に埋め込むという意味でインプラントとよばれています。
下肢の人工関節の耐久性は約15~20年といわれていますが、必要に応じて、再度入れかえることができます。

人工関節にはさまざまな種類がありますが、患者さんの骨の状態や生活習慣などにあわせて大きさや種類などを選びます。

人工膝関節
人工膝関節

人工膝関節は、一般的に、金属製の大腿骨側のコンポーネントと脛骨側のコンポーネント、そして、その間に入るプラスチック製のインサートで構成されます。
必要に応じて膝蓋骨(膝の皿)のコンポーネントも置換します。

膝の傷んでいる部位や程度によって、膝関節の内側または外側のどちらか一方だけを置換するための人工膝関節(片側置換)もあります。
 

人工股間接
人工股関節


人工股関節は、一般的に、金属製の大腿骨側のステムと骨頭そして骨盤側のカップと、骨頭とカップの間に入るプラスチック製のインサートが組み合わさって構成されます。

お問い合わせ