豊田市の整形外科・内科 小早川整形外科・内科 労災保険指定医療機関 / 各種手術応需 / 入院施設完備

診療時間のイメージ診療時間

MENU

循環器内科

HOME 内科 循環器内科

循環器の役割

循環器とは、血液を体内で循環させるために働く器官と、血液の成分である血球を産生、成熟、分解する器官をまとめた呼び方です。体のすべての細胞は、活動のために酸素や栄養分を必要とし、また二酸化炭素や老廃物を除去する必要があるため、これを血液の形ですべての細胞とやり取りする必要があります。人体において、この働きは心臓と心臓に接続された血管によって成り立っています。血管は、心臓から体の各部まで血液を運んだ後、再び心臓まで戻るような経路になっており文字通り「循環」するようになっています。

狭心症

病態

虚血性心疾患の1つであり、心臓の筋肉に酸素を供給している冠動脈の異常による一過性の虚血状態をさし、胸痛や胸部圧迫感を伴います。虚血とは、動脈血量の減少による局所の貧血のことです。完全に冠動脈が閉塞、または著しい狭窄が起こり心筋が壊死してしまった場合は心筋梗塞と言います。

弁膜症

病態

心臓弁膜症とは、心臓の弁に障害が起きる疾患です。弁が狭くなったり血液が逆流することで心臓の負担が増え、心不全を起こすことがあります。

不整脈

病態

不整脈は、①脈が異常に速くなる(頻脈)、あるいは遅くなる(除脈)②脈が不規則になる、などの状態を指します。不整脈の原因は様々で、不整脈そのものは、心臓の中のいわば電気系統の病気ですが、心臓内の血管や、心臓の筋肉、他の臓器の病気が原因で起こることもあります。症状としては、動悸やめまいなどが挙げられますので、心当たりのある方は診察をお勧めします。また、失神やふらつきなどの症状が現れる方には精密検査の必要があります。

閉塞性動脈硬化症

病態

閉塞性動脈硬化症を知るためには、まず動脈硬化を知る必要があります。動脈硬化とは、血液や脂肪の塊が血管の内壁に発生、長い時間をかけて成長し、血液を流れにくくする状態をいいます。また、血管内で血液が固まり(血栓)、動脈の内腔(血液の流れるところ)を塞ぐ場合、あるいは血栓が飛んでさらに細い動脈に詰まることで、血流を遮断し重要臓器への酸素や栄養成分の供給に障害をきたすことがあります。心臓で発生すれば心筋梗塞、脳で発生すれば脳梗塞となります。閉塞性動脈硬化症とは、動脈硬化の一部分症であり脚に血が通いにくくなる病気です。閉塞性動脈硬化症の初期症状は『冷感』や『しびれ感』であるため、見落としてしまったり軽く考えて放置してしまいがちです。しかし、高い確率で重大な疾患につながるおそれがあるため、早期発見・早期治療が重要であるといえます。

症状