医療法人 小早川整形外科 小早川整形外科・内科 労災保険指定医療機関 / 各種手術応需 / 入院施設完備

診療時間のイメージ診療時間

MENU

呼吸器内科

HOME 診療案内 内科 呼吸器内科

呼吸器内科とは

呼吸器内科とは「呼吸器」を専門に扱う診療科です。具体的には、呼吸の異変や肺の病気、気管支の病気などが呼吸器系の病気として扱われます。一般的な感染症も得意分野ですので、「胸が苦しい」「喉に違和感がある」のような症状でも呼吸器内科を受診していただければ大丈夫です。呼吸器内科では、一般的な風邪から喘息、気管支炎、肺炎、肺がん、COPD(慢性閉塞性肺疾患)まで、呼吸器に関連するさまざまな症状を取扱います。また、インフルエンザなどの感染症のほか、睡眠時無呼吸症候群や禁煙などの治療も行います。そのため、診察している症状も幅広く、咳や痰はもちろんのこと、胸の痛みや全身の倦怠感までが診療の対象となります。

風邪

病態

呼吸器系の炎症性の病気で、単一の疾患ではなく、医学的には風邪症候群という。熱がでて寒けがし咳が出る等の症状がみられます。

喘息

病態

喘息とは気道に炎症が起こることで、咳、痰、息苦しさ、喘鳴(呼吸する時にゼーゼー、ヒューヒューという音がでる)、胸苦しさなどの症状があらわれる病気です。

気管支炎

病態

気管支炎とは、下気道(気管、気管支)に炎症を起こす病気の総称です。いわゆる“かぜ”が上気道(鼻、咽喉頭)に感染し、炎症を起こす病気の総称であるといわれています。

肺炎

病態

肺炎とは、気道を通して侵入した細菌やウイルスなどの病原体が肺内で増殖し、炎症が引き起こされた状態です。肺炎は呼吸器の病気の中でも比較的よく見られています。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

病態

COPDとは気管支や肺胞に炎症・破壊が生じ、呼吸機能に異常を起こす疾患の総称であるといわれています。たばこの煙などの有害物質が原因で肺が炎症を起こし、呼吸がしにくくなる病気です。有害な物質が長期にわたって肺を刺激すると、細い気管支に炎症を起こし(細気管支炎)、咳や痰が多くなります。その結果、気管支の内側が狭くなり、空気の流れが悪くなります。

医療法人 小早川整形外科 小早川整形外科・内科 労災保険指定医療機関 / 各種手術応需 / 入院施設完備

〒471-0006 愛知県豊田市市木町5-1-2

24時間受付 0565-88-3311

診療時間
整形外科
9:00~12:00
17:00~19:00 /
内科
9:00~12:00
17:00~19:00 / / /
皮膚科
毎月 第2・第4水曜日 17:00~19:00

休診日:土曜日午後、日曜日、祝日

WEB受付

整形外科 外来担当表

内科 外来担当表

公共交通機関をご利用の方

名鉄 豊田市駅から、名鉄バス「鞍ヶ池東」または「足助」行き、「双美団地口」下車、徒歩4分

お車でお越しの方

東海環状自動車道、豊田勘八ICより約3分
鞍ヶ池PA(ETC搭載車のみ)より約 4分
伊勢湾岸自動車道、豊田東ICより約18分
東名高速道路、豊田ICより約30分

交通アクセス