豊田市の整形外科・内科 小早川整形外科・内科 労災保険指定医療機関 / 各種手術応需 / 入院施設完備

診療時間のイメージ診療時間

MENU

関節の痛み

HOME 整形外科 関節の痛み

関節の病気

関節は、骨と骨のつなぎ目にあたる部分です。人の体にはいくつもの関節があり、これらの関節を動かすことで、歩く、しゃがむ、物をつかむなど、人間が生活する上で必要な動作が可能になります。関節の中でも股関節と膝関節は、体重を支えながら動くという人間の基本的な動作に、重要な役割を果たしています。関節を動かすためには、その周辺にある筋肉を使いますが、関節に問題が生じて痛みが出たり関節の動きが悪くなったりすると、関節を動かさないでいることが多くなります。すると、その関節の周辺の筋力が低下してしまい、さらに関節が動きにくくなる、という悪循環を生んでしまいます。患者さんによって多少違いはありますが、一般的に人工関節置換術の適応となるのは、次のような変形性膝関節症および変形性股関節症の患者さんです。

初期
立ち上がり、歩きはじめに関節が痛む。(休めば痛みが取れる)
中期
歩くと関節が痛み、正座、階段の昇降が困難。(動作が不自由)
末期
変形が目立ち、脚がピンと伸びず、歩行も困難。(日常生活が不自由)

変形性膝関節症

症状

主な症状は膝の痛みと水がたまることです。症状が進むと、膝の動きは制限され、膝が完全に伸びなくなります。

変形性膝関節症の症状

原因・病態

原因は関節軟骨の老化、外傷、肥満、素因(遺伝子)などが考えられます。加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、使いすぎによりすり減り、関節が変形します。

変形性膝関節症の原因・病態

治療法

  1. 薬物療法:外用薬(湿布薬や軟膏)、内服薬(消炎鎮痛薬)、関節内注射(ヒアルロン酸など)
  2. 理学療法:大腿四頭筋強化訓練、関節可動域改善訓練、装具療法、温熱療法など
  3. (それでも治らない場合)手術:関節鏡手術、高位脛骨骨切り術、人口膝関節置換術など
変形性膝関節症の治療法

変形性股関節症

原因

股関節が痛くなる代表的な病気で、生まれつき股関節がずれていたり(先天性股関節脱臼)、骨盤の発育不全(臼蓋(きゅうがい)形成不全)などがある時、体重の負荷で軟骨が擦り減りやすくなり、骨頭と臼蓋が擦れ合うため、痛みや運動障害を引き起こします。関節を滑らかに動かすために骨の表面を覆ってクッションの働きをしている関節軟骨が、何らかの理由により擦り減ってしまうことが原因です。変形性股関節症は女性に多い病気です。先天性股関節脱臼や先天性臼蓋形成不全が女性に多いこと、女性は男性に比べ関節が緩く周囲の筋力も弱いこと、また女性は骨盤が横に広いので身体の中心線から股関節が遠くなり、より大きな力がかかることなどが関わっていると考えられています。

病態

変形性股関節症の病態

治療法

  1. 薬物療法:外用薬(湿布薬や軟膏)、内服薬(消炎鎮痛薬)、注射(ヒアルロン酸など)
  2. 理学療法:運動器療法、温熱療法、低周波療法、装具療法
  3. (それでも治らない場合)手術:人工股関節置換術(THA)など